8/26~9/1 Oracle Cloud リリース情報まとめ

皆さま、こんにちは!ShiinaKです。

今回も、Oracle Cloud 公式ホームページに最近掲載されたリリース情報をご紹介します。
前回同様に日本では未対応のものもあり全てが日本のリージョンで使える訳ではありませんが、海外の最新情報をGETできるチャンスですので是非ご覧ください!

本記事の目次


8/26 パフォーマンス・ハブ:ASHデータ解決

ASH Sample Resolution メニューでは、Average Active Sessionsチャートに表示される ASHデータのサンプリングを制御することができます。
詳細については、 ASH Sample Rssolutionを参照してください。

物理ホストのメンテナンス後にVMインスタンスを自動的に再起動するかどうかの選択が可能に

メンテナンスイベントが基盤となる Infrastructure に影響を与えた後、自動的に再起動されるのではなく、コンピュート仮想マシン(VM)インスタンスを停止したままにするように設定できるようになりました。
これにより、独自のスケジュールでインスタンスを再起動することができます。
詳細については、Setting Instance Availability During Maintenance Eventsを参照してください。

パフォーマンス・ハブ:ADB-Dのワークロード・タブのサポート

パフォーマンス・ハブのワークロード・タブでは、専用の Exadata Infrastructure と共有 Exadata Infrastructure の両方をサポートするようになりました。
詳細については、 Performance Hub Featuresを参照してください。

ファイルストレージの転送時暗号化用のoci-fss-utilsの新しいバージョンが利用可能になりました

ファイルストレージの転送時暗号化のための oci-fss-utils の新バージョンがリリースされました。
このバージョンには、iptables のセキュリティルールがフラッシュされないようにするための修正が含まれています。
oci-fss-utils-1.0-16.el7.x86_64.rpm はこちらからダウンロードできます
https://www.oracle.com/downloads/cloud/cloud-infrastructure-file-storage-downloads.html

アップグレードするには、インスタンスから前のバージョンをアンインストールしてから、新しいバージョンをインストールします。
手順については、 Using In-Transit Encryptionを参照してください。


8/27 Oracle SOA Cloud ServiceアプリケーションをMarketplaceインスタンス上のOracle SOA Suiteに移行する

Application Migration を使用して、Oracle SOA Cloud Service アプリケーションを Oracle Cloud Infrastructure の Oracle SOA Suite on Marketplace または Oracle SOA Cloud Service インスタンスに移行することができます。

Oracle では、Oracle SOA Suite on Marketplace への移行を推奨しています。
以前は、Application Migration を使用して Oracle SOA Cloud Service アプリケーションのみを Oracle Cloud Infrastructure の Oracle SOA Cloud Service インスタンスに移行することができました。
詳細については、 Migrate Oracle SOA Cloud Serviceを参照してください。

アプリケーションの状態に基づいて是正処置を特定する

Oracle Cloud Infrastructure に必要なポリシーがない場合、またはソース環境に必要なサービス管理者ロールがない場合、アプリケーションのステータスは、ソースの詳細ページでそれぞれ「Missing Policies」または「Missing Role」と表示されます。
Application Migration を使用して、サポートされているリリース バージョンの Oracle Java Cloud Service アプリケーションを移行できます。
Oracle Java Cloud Service アプリケーションがサポートされていないバージョンにある場合は、アプリケーションのステータスが「Unsupported」と表示されます。
ソースを作成すると、Application Migration は、これらの要件を満たしているかどうかを確認します。
移行できるのは、Ready 状態にあるアプリケーションのみです。
ロールが存在しない、ポリシーが存在しない、またはサポートされていないなど、他の状態にあるアプリケーションを移行することはできません。
そのようなアプリケーションに対しては、修正措置を取る必要があります。To view a list of applicationsを参照してください。

サポートされているリージョンへのアプリケーションの移行

Application Migration を使用すると、アプリケーションをホームリージョンに移行するだけでなく、サポートされている他のリージョンにもアプリケーションを移行できます。
たとえば、Oracle Cloud Infrastructure のホーム リージョンがアッシュバーンでターゲット リージョンがフランクフルトの場合、Application Migration を使用して、Oracle Cloud Infrastructure Classic アプリケーションを eucom-north-1 からフランクフルトリージョンのターゲット/インスタンスに移行できます。
Considerationsを参照してください。

米国西サンノゼと韓国2(春川)リージョンでData Integrationが可能に

Data Integration は、米国西サンノゼとS韓国2(春川)地域で利用できるようになりました。
詳細については、Data IntegrationData Integration APIを参照してください。

Oracle Data Safe が Oracle Cloud Infrastructure の Oracle Databases on Compute インスタンスをサポートするように

Oracle Data Safe プライベートエンドポイントを使用することで、Oracle Cloud Infrastructure のコンピュート・インスタンスに Oracle データベースを登録できるようになりました。
詳細については、 Register Oracle Databases on Oracle Cloud Infrastructure Compute Instancesを参照してください。


9/1 MySQL データベースサービスがドイツ中部(フランクフルト)リージョンで利用可能に

MySQL データベースサービスがドイツ中央(フランクフルト)リージョンで利用可能になりました。
詳細については、 MySQL Database Serviceを参照してください。
新しいリージョンで MySQL Database Service を使用するために十分な制限が設定されていない場合は、サービス制限の増加をリクエストする(request a service limit increase)ことができます。

Autonomousデータベースがリフレッシュ可能なクローンを提供開始

共有 Exadata インフラストラクチャ上に配置された自律データベースのリフレッシュ可能なクローンを作成できるようになりました。
リフレッシュ可能なクローンを使用すると、ソース データベースからの変更を簡単に更新できるクローンが作成されます。
詳細については、Using Refreshable Clones with Autonomous Databaseを参照してください。

コンソールにサインインする際のネットワークソースの制限

IAM サービスは、コンソールにサインインする際のネットワークソース制限の設定をサポートするようになりました。
ネットワークソースでは、許可されるIPアドレスのセットを指定することができます。
テナントの認証設定でネットワークソース制限を指定すると、ネットワークソースで指定したIPアドレスからのみコンソールへのアクセスが許可されます。
許可リストにないIPアドレスからサインインしようとすると、アクセスが拒否されます。
ネットワークソースのサインイン制限は、[認証設定] ページで設定します。
詳細については、Managing Authentication Settingsを参照してください。

暗号スイートとTLS 1.0/1.1サポートが利用可能に

ロードバランサーの設定の一部として、暗号スイートと呼ばれる暗号の集合体を設定することができます。
Transport Layer Security (TLS) バージョン 1.0 と 1.1 にも対応しています。
詳しくは、 Managing Cipher Suites を参照してください。


※上記はOracle Cloudの公式ホームページよりOracle Cloud Infrastructureのリリースノートを参照し一部引用しています。

docs.cloud.oracle.com