8/3~8/11 Oracle Cloud リリース情報まとめ

皆さま、こんにちは!ShiinaKです。

今回も、Oracle Cloud 公式ホームページに最近掲載されたリリース情報をご紹介します。
前回同様に日本では未対応のものもあり全てが日本のリージョンで使える訳ではありませんが、海外の最新情報をGETできるチャンスですので是非ご覧ください!

本記事の目次


8/3 Container Storage Interface (CSI) ボリュームプラグインのサポート

Container Storage Interface (CSI)規格は、ストレージプロバイダによって Kubernetes クラスタがブロックおよびファイルストレージシステムにアクセスできるようにするプラグインを開発することを可能にします。

CSIボリュームプラグインは、これまでデプロイされていた FlexVolume ボリュームプラグインに加えて、Container Engine for Kubernetes によって作成されたクラスタにデプロイされるようになりました。
CSIボリュームプラグインを使用すると、いくつかの利点があります。

将来の Kubernetes のリリースでは、FlexVolume インターフェイスではなく CSI インターフェイスに新機能が追加されます (ただし、Kubernetes の開発者は FlexVolume インターフェイスを維持し続けます)。
CSI ボリューム プラグインは、基礎となるオペレーティングシステムとルートファイル システムの依存関係へのアクセスを必要としません。
詳細については、Creating a Persistent Volume Claimを参照してください。


8/4 共有 Exadata infrastructure 上の Autonomous データベースの名前を変更

共有 Exadata infrastructure 上の Autonomous データベースの名前を変更できます。
詳細については、To rename an Autonomous Database on shared Exadata infrastructureを参照してください。


8/5 Microsoft Azure へのアクセスが米国西部(サンノゼ)リージョンと Azure Silicon Valley のロケーションに拡張

Oracle Cloud Infrastructure と Microsoft Azure のクロスクラウド接続が Oracle Cloud Infrastructure 米国西部(サンノゼ)リージョンと Azure Silicon Valley のロケーションに拡張されました。
詳細については、Access to Microsoft Azureを参照してください。

リソースディスカバリ

デプロイされたリソース Terraform の設定ファイルと状態ファイルとしてキャプチャできるようになりました。
リソースディスカバリを使用して、手動で管理された InfrastructureからResource Manager によってオーケストレーションされた Infrastructure に移行したり、
既存の Infrastructure を複製または再構築したり、Terraform の使用を開始したりすることができます。
手順については、To discover resources (create a stack from a compartment)を参照してください。


8/6 Oracle Cloud VMware ソリューション

Oracle の VMware ソリューションを使用して、 Oracle Cloud Infrastructure で VMware 対応の Software-Defined Data Center(SDDC)を作成および管理できるようになりました。
このソリューションでは、VMware SDDC の機能をフルに利用できるほか、次のようなメリットがあります。

・高可用性:すべての VMware コンポーネントは、Oracle Cloud Infrastructure リージョンのアベイラビリティ・ドメイン内の異なる障害ドメインに分散されています。
・スケーラビリティ:3台の ESXi ホストから開始し、1つの SDDC で最大64台のホストにスケールアップできます。
・リフトとシフト:オンプレミスの VMware ワークロードを Oracle Cloud VMware ソリューションにシームレスに移行できます。
・完全な統合: SDDC は仮想クラウド・ネットワーク(VCN)に存在するため、コンピュート・インスタンス、DBシステム、 Autonomous データベースなど、他の Oracle Cloud Infrastructure リソースと通信するように構成できます。
・管理性:Oracle Cloud Infrastructure Console では、SDDC の作成とネットワーク構成を容易にするためのワークフローが提供されます。
・レイヤ2ネットワーク:SDDC は VLAN で構成され、パブリック・クラウドで実行するためにレイヤ2ネットワークが必要なアプリケーションをサポートします。
詳細については、 Oracle Cloud VMware Solutionを参照してください。

韓国北部(春川)リージョンでOS管理が可能に

韓国の北部(春川)リージョンでOS管理が利用できるようになりました。
詳しくは、 OS Managementをご覧ください。

Oracle Data Safe:初期監査データロード機能が利用可能に

アクティビティ監査の初期監査データロード機能では、ターゲット データベースの監査証跡を開始する際に Oracle Data Safe が持ち込む監査レコードの数が通知されます。
データ量はコストに影響します。
100 万件を超える監査レコードについては、別途費用がかかります。
詳細については、 Add Audit Trails and Create Activity Auditing Jobsを参照してください。


8/8 Exadata Cloud@Customer:デプロイメント・アシスタント

Oracle Exadata Cloud@Customer : デプロイメント・アシスタント は、Oracle Exadata Cloud@Customer マシンのセットアップと Oracle データベース・インスタンスの作成を最小限の労力で行うことができる自動インストールおよび構成ツールです。

詳細については、 Oracle Exadata Cloud@Customer Deployment Assistantを参照してください。


8/11 データ・サイエンス・リソース・プリンシパル、その他ノートブック・セッション環境の改善点を公開

ノートブック・セッションでのリソース・プリンシパルへのサポート

Oracle Cloud Infrastructure Data Science では、ノートブック・セッションのリソース・プリンシパルを使用して認証を行い、他の Oracle Cloud Infrastructure リソースにアクセスできます。
リソース・プリンシパルは、Oracle Cloud Infrastructure リソースへのより安全で使いやすい認証方法を提供します。
Authenticating to the Oracle Cloud Infrastructure APIs from a Notebook Sessionを参照してください。

ライブラリのアップグレード

oci version 2.18.1
git version 2.27.0

ADSアップデート

◆MLXに新しいモデル説明診断を追加:累積局所効果(ALEs)
ALEは、特徴量と対象変数の関係を評価します。しかし、特徴量が高度に相関している場合、PDP では、限界分布をまたいで特徴量が独立して操作されるため、平均予測計算に特徴量のありそうでない組み合わせが含まれてしまうことがあります。
これは、特徴が高相関である場合の PDP の説明に対する信頼性を低下させます。
PDP とは異なり、ALE は、条件分布全体の予測値の差を平均化して蓄積することで特徴の相関を扱い、特定の特徴の影響を分離します。

この新しいモデル解釈診断を紹介する2つの新しいノートブックの例は mlx_ale.ipynb と lx_ale_vs_pdp.ipynb です。

◆MLX における What-if シナリオのサポート

WhatIf Explainer は、データ・サイエンティストが1つの観測で多くの値のうちの1つを操作し、モデルの予測への影響を測定できるようにするユーザー・インターフェイスを提供します。
新しい mlx_whatif.ipynb ノートブックの例は、この新機能を紹介しています。

◆show_in_notebook() の相関マップ計算を改善
特徴量の相関計算を改良し、相関のフルスケール[-1,1]を表示するようにしました。異なる特徴間の相関は ds.show_corr() を呼び出すことで表示することができます。

◆モデル・アーティファクトの改良
モデルを Oracle Functions にデプロイするために必要なファイルをデフォルトで生成するようになりました。
fn-model/ ディレクトリはもうありません。すべてのファイルは、モデル・アーティファクトのトップレベル・ディレクトリにあります。
新しいアーティファクトのフォーマットには、以下のファイルがあります。
・func.py
・func.yaml
・requirements.txt
・runtime.yaml
・score.py
  (加えて、持っている追加ファイルも)

ジェネリックまたは ADSModel.from_estimator() アプローチを使ってモデルを保存すると、全く同じファイルのセットが得られます。
runtime.yaml ファイルは、モデルが訓練されたノートブック・セッションの属性の包括的なリストをキャプチャします。

◆バグ修正
dataflow モジュールで複数のバグを修正しました。

・アプリケーションはクライアントのコンパートメント割当てを継承します。RUNはデフォルトでアプリケーションから継承されます。コンパートメントOCIDは、クライアント、アプリケーション、RUNの各レベルで独立して指定することができます。
・ノートブック・セッションにロードされたアプリケーションからプルされたログのログリンクが修正されました。
・読み込まれたアプリケーションの実行ディレクトリがアプリケーションのディレクトリの下に見つかるようになりました。
・読み込まれたアプリケーションのインデックスが範囲外になる問題が修正されました。
・一部のプログレスバーが完全に完了するようになりました。以前は、いくつかのプログレスバーが完全に完了しませんでした。これは ADSModel.prepare()と prepare_generic_model() で発生していました。

詳細については、Oracle Accelerated Data Science Libraryリリースノートを参照してください。


※上記はOracle Cloudの公式ホームページよりOracle Cloud Infrastructureのリリースノートを参照し一部引用しています。

docs.cloud.oracle.com