7/21~7/31 Oracle Cloud リリース情報まとめ

皆さま、こんにちは!ShiinaKです。

今回も、Oracle Cloud 公式ホームページに最近掲載されたリリース情報をご紹介します。
前回同様に日本では未対応のものもあり全てが日本のリージョンで使える訳ではありませんが、海外の最新情報をGETできるチャンスですので是非ご覧ください!

本記事の目次


7/21 Exadata Cloud@Customer:Autonomous データベース OCPU 使用量の秒単位の課金

Exadata Cloud @ Customer Gen2では、OCPUに秒単位の課金を採用しています。
つまり、OCPUの使用量は秒単位で課金され、最低使用期間は1分です。

カナダ南東部(トロント)とブラジル東海岸(サンパウロ)リージョンでData Integrationが可能に

Data Integration は、カナダ南東部(トロント)およびブラジル東部(サンパウロ)地域で利用できるようになりました。
詳細については、Data IntegrationData Integration API を参照してください。


7/24 米国西部(サンノゼ)リージョンが利用可能に

カリフォルニア州サンノゼにあるリージョンが利用可能になりました。
リージョン名は us-sanjose-1 です。リージョンキーはSJCです。
このリージョンには、1つの利用可能ドメインがあります。
新しいリージョンにサブスクライブする方法については、Managing Regions を参照してください。


7/28 Exadata Cloud@Customer:Oracle Grid InfrastructureとOracle Databaseのパッチ適用

Oracle Cloud Infrastructure Console、API、または CLI を使用して、Oracle Grid Infrastructure および Oracle Database のパッチを表示、事前チェック、および適用できるようになりました。
詳細については、以下を参照してください。

Patching an Exadata Cloud@Customer System
Troubleshooting Exadata Cloud@Customer Systems
Administering Software Images
Database and Grid Infrastructure Patching Events


7/29 インスタンスのプロパティを編集 - フォルト・ドメイン、起動オプション、転送中の暗号化、および形状を変更するための改善

Compute VMインスタンスのプロパティを編集して、インスタンスを再構築したり、アプリケーションを再配置したりする必要がなくなりました。

・フォルト・ドメイン ・起動オプションには、仮想ネットワークインターフェイスカードのネットワーキングタイプ (準仮想化またはハードウェアアシスト) とブートボリュームアタッチメントタイプ (準仮想化または iSCSI) が含まれます。
・ブートボリュームに転送中の暗号化を使用するかどうか

また、形状変更機能では、VM.Standard.E2 シリーズから他のシリーズへ、他のシリーズから VM.Standard.E2 シリーズへとインスタンスのサイズを変更できるようになりました。
詳細は、Editing an Instance を参照してください。


7/30 インド南部(ハイデラバード)リージョンでOS管理が可能に

OS Management はインド南部(ハイデラバード)リージョンで利用できるようになりました。
詳細については、 OS Managementを参照してください。

Kubernetesのセキュリティ脆弱性を修正するためのパッチ(CVE-2020-10749)

先日発表された Kubernetes のセキュリティ脆弱性に対処するための「Container Engine for Kubernetes」のパッチが公開されました。(CVE-2020-10749)
このパッチをクラスタに適用するには、クラスタ内のワーカーノードを再作成する必要があります。
ワーカーノードをアップグレードするように進め、Upgrading the Kubernetes Version on Worker Nodes in a Clusterの指示に従ってください。


7/31 専用のExadata infrastructure上のAutonomousデータベースの保守期間が1ヶ月分相殺される

メンテナンスの四半期は、2月、5月、8月、11月と1ヶ月前倒しされ、2月から始まる年度最初のメンテナンスの四半期は、専用のExadata Infrastructure上のAutonomousデータベースのメンテナンスをスケジューリングします。

コンピュートインスタンスの保守状況メトリック

oci_compute_infrastructure_health メトリック名前空間の新しい maintenance_status メトリックを使用して、コンピュート仮想マシン (VM) インスタンスが再起動メンテナンスのためにスケジュールされているかどうかを確認できます。
詳細は、Infrastructure Health Metricsを参照してください。


※上記はOracle Cloudの公式ホームページよりOracle Cloud Infrastructureのリリースノートを参照し一部引用しています。

docs.cloud.oracle.com