ブロック・ボリュームのバックアップ・ポリシーを作ってみた

急激な気温の変化に置いてけぼりのk.otsukaです。

ブロック・ボリュームのバックアップ・ポリシーは、「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の3つの中から選択していましたが
晴れて、バックアップ・ポリシーのカスタマイズ設定ができるようになりました。
周期の指定や、バックアップする時間の指定など、より柔軟なバックアップをすることが可能となります。
本記事では、「ゴールド」の上位互換である「プラチナ」を目指しながら
設定方法と、設定時の注意点について紹介していきます。

docs.cloud.oracle.com

本記事の目次


バックアップ・ポリシー作成

  • リソース画面から 「ブロック・ストレージ」→「バックアップ・ポリシー」と選択します。
    設定画面から既存3つのバックアップ・ポリシーがデフォルトで作成されていることが確認できます。
    既に作成されているポリシーについては、編集及び修正することは出来ないので、
    「バックアップ・ポリシーの作成」ボタンから新しくバックアップ・ポリシーを作成していきます。

f:id:k_otsuka_atom:20191126164100p:plain

  • 作成したポリシーをクリックし「スケジュールの追加」ボタンを押すことで、バックアップスケジュールを追加することができます。
  • 追加するルールにおいて、早速注意点ですが「 毎日の完全バックアップ」は設定することは現状できません。「毎週完全バックアップ」の設定は可能なので、設定する際はご注意ください。

f:id:k_otsuka_atom:20191126163931p:plain


  • よって今回は下記2点の設定を以て「platinum」としました。
    バックアップの開始時間が「UTC」と「ブロック・ボリュームを作成したリージョンの標準時刻」で選択できるのは個人的にかなり嬉しいポイントです!
No スケジュール・タイプ バックアップ・タイプ 開始時間 保持期間
1 毎日 増分 東京の17:00 1か月
2 毎週 完全 東京の0:00 51週間(約1年)


バックアップ・ポリシーの割り当て

  • バックアップ・ポリシーの作成が完了したら、ブロック・ボリュームに割り当てていきます。
    リソース画面から 「ブロック・ストレージ」→「ブロック・ボリューム」と選択します。
    割り当てたいブロック・ボリュームの3点詳細ボタンをクリックすると、いくつか設定項目が表示されるので、「バックアップ・ポリシーの編集」をクリックしましょう。

f:id:k_otsuka_atom:20191126164241p:plain

  • バックアップ・ポリシーを選択できる画面が表示されるので、ユーザー定義ポリシー欄から、先ほど作成した「platinum」を選択します。

f:id:k_otsuka_atom:20191126163021p:plain

  • これでポリシーの割り当てが完了です。作成したポリシー通りにバックアップが実行されていることが確認できます。
    バックアップされる時刻は東京リージョンの時刻通りでしたが、「有効期限」と「作成日」はUTC時刻で表示されています。
    バックアップの確認時はこの部分だけ注意が必要ですね。

f:id:k_otsuka_atom:20191126170953p:plain


おわりに

バックアップのカスタマイズをすることで、運用に沿った時間帯のバックアップが可能となります。
また、「UTC」か「作成したリージョンの標準時刻」が選択できるので「何時間後にバックアップしたいから...+〇時間で…」と考える必要が無くなりました。 今後、ぜひ活用していきたいと思います。


告知

初心者・管理者のためのOCIのユーザーグループがございます!!
毎月第3火曜に開催されていますので、ご興味があればぜひ一緒に参加しましょう!

fullenergy-oci.connpass.com