Git GUI クライアント選定奮闘記

はじめに

Gitの操作は、基本的にSourceTreeを使っている id:s-yokoyamaです。

大変お世話になっているSourceTreeなのですが、最近フリーズや動作が重く 別のツールに移行してみるか。
と いろいろ触ってみた結果、Forkと呼ばれるツールが良さそうだったので、
他のツールを吟味した結果と一緒に紹介します。

Git GUIクライアントに求める機能

はじめに、私がGitクライアントに求める機能です。

内容 補足
Win/Mac対応
無料
logのtree表示 別ブランチとの関係がひと目で分かり便利
複数リポジトリ管理
Diff機能 Diffの見やすさ、操作性 ※重要
行コミット機能 同じファイルでコミットを分けれるか
日本語 できれば...
導入 SourceTreeは、アカウントを作るのが少し手間ですね...

Git GUI クライアント一覧

Git GUI クライアントの一覧は、以下を参考にしました。
また、紹介するツールは全てwin,mac対応です。

git-scm.com

ツール料金 tree複数リポジトリ管理Diff機能 行commit日本語導入
SourceTree 無料x
GitHub Desktop 無料xxx
・Diffにコードハイライトが付いており見やすい
・行をクリックするだけでstage,unstageの切替ができる
・ログのTree表示がない
・UIがメニューに格納されており、操作性が悪いかも...
・導入にGitHubアカウントが必要
Git Extensions 無料x
・Diffで文字コードの切替ができる
・stage unstageの操作がかなり面倒(右クリックから選択)
Git Kraken 無料 制限有
・見た目がかっこいい
・Diffにコードハイライトが付いており見やすい
・Diffで横並び比較が使える
・(公式には)日本語対応されてない ※非公式ですがあるようです。
・無料だとプライベートリポジトリを使えない ※結構致命的
smart Git 商用有償---
・商用有償なため、未検証ですがサイトのドキュメントから判断するに大体の機能はありそうです。
ungit 無料xxx
・VSCodeが入っている場合は、プラグイン検索「Ungit」から導入可能
・UIが独特過ぎてSourceTreeから移行は厳しい...
git-cola 無料xxx
Git Horizon 無料x--xx
・UIが非常に独特... ※最初意味が分からなかった...
・アカウント登録が必須
Aurees 無料xxx
・ダークモード切替あり
・Diffにコードハイライトが付いており見やすい
・Diffで横並び比較が使える
GitAhead 無料xx
・ダークモード切替あり
・Diffにコードハイライトが付いており見やすい
・差分ファイルの表示範囲が狭い
Guitar 無料x
・Diffで横並び比較が使える
・UIのアイコン+日本語で分かりやすい
・動きがもっさりしており、UIがクラシック感ある
GitFiend 無料xxx

Fork

git-fork.com

MacおよびWindows用の高速で使いやすいgitクライアント f:id:s-yokoyama:20191006221856p:plain

ツール料金 tree複数リポジトリ管理Diff機能 行commit日本語導入
Fork 無料x

画像からも分かる通り、UIがSourceTreeと似ており、日本語対応はしていないものの
SourceTreeを触ったことがあるユーザーなら操作には迷わないと思います。

機能的にもSourceTreeにある機能は、大体網羅しているかと思います。

SourceTreeとの比較
  • 画像の差分が見れる
  • Diffの横並び比較が使える
  • Mergeツールが優秀で使いやすい
  • ダークモードの切替あり
  • タグやリモートブランチなどの複数選択削除
  • ブランチのお気に入り登録機能(star)
  • キーボードショートカットが豊富
  • pull時にStash and Reapplyができる
    pull時にファイル重複がある場合でもpullできる
  • StagedとUnStagedの位置がSourceTreeと逆(下がstage)
他のツールとの比較
  • コードハイライトがない

まとめ

今回 選定に当たり10個以上ツールを触りましたが、やはり、SourceTreeは使いやすいと思いました。

ただ「SourceTreeで満足できない or かゆい所に手が届かない」 と感じる方は Forkだと満足できるかもしれないので、試してみてはいかがでしょうか。